焦げ付かないフライパンを見極めるために

フライパンの焦げ付きとおさらばしたい!

毎日の料理に、焦げ付かないフライパンを

フライパンの焦げ付きの原因は、食材に含まれる水分とフライパンに付着する水分の結合にあります。これらが結びつくときに一体何が起きるのでしょうか、それがフライパンの焦げ付きに至るまでの過程を知ることはフライパン選びにはとても大切です。その焦げ付き、製品のせいにしていませんか?

焦げつきの原因と対策

フライパンを持っていないひとはいないでしょう。調理中に焦げ付きがあると料理の味を落としてしまったり、後片付けに苦労したりと困ったことも多いですね。
料理は人生にとってとても大切なものです。食事をとるとき、家族団欒の時間と場がつくられます、ときには誰かの元気のもとになったり。できる限り手作りの温かいものを用意したいですよね。
でも、やりがいはわかるけど後片付けはとても大変、特にフライパンの焦げ付きが厄介だ…。という方も多いのではないでしょうか。使用頻度から考えても、忙しい現代の人からするとフライパンの焦げ付きはなかなかに問題です。
これまで多くのメーカーがこの課題に取り組み、新しい製品を生み出してきました。「焦げ付かない」を重要なキーワードとし様々な工夫がほどこされています。しかしその選択肢は多く、わたしたちがどれが自分にとって良いフライパンなのかを区別することは困難です。
このサイトでは、フライパンの焦げ付きを防ぎたい、という面からあなたにとってベストなフライパン選びをするポイントを紹介しようと思います。
そもそも焦げ付きはどうして起きるのでしょうか、そしてそれぞれのメーカーが施した対策と個性とは?焦げ付きにくいフライパンとはどんなフライパンでしょうか。
皆さまの面倒を減らして、楽しい料理ができるためのヒントを集めてみました。料理好きな主婦の方はもちろん、お忙しい共働きの方も是非ご覧になってみてくださいね。

吸着水を寄せ付けないフライパン

吸着水を寄せ付けないコーティングにはいくつか種類があり、それぞれにとても優れています。しかし弱点もあり、その特性を知ることは性能維持のためにとても大切なことです。今回はコーティングの中でも有名なテフロン(フッ素)とセラミックに着目しています。それでは早速見ていきましょう。

焦げ付きのないフライパンを維持させるために

これまでお伝えしてきたようにフライパンには個性があり、取り扱い方も違ってきます。それぞれの特性を理解したうえで、自分の使い方に合わせた選択をしましょう。ここではそれぞれのフライパンの個性のまとめと、扱いの注意点、またコーティングのないフライパンの活用の仕方を紹介します。

TOPへ戻る